|当院について
ごあいさつ
理事長・院長 近藤 廉治
理事長 近藤廉治 私は精神科病院にとって最も重要なことは、“明るくアットホームな雰囲気”であると考えています。昭和47年の開設以来、病院の内装には全て木材を使用し、広い廊下と病室には絵を飾り、庭には遊歩道と菜園・花壇を設けて環境づくりに取り組んできました。精神科病院は「暗い」「閉鎖的だ」といった先入観や偏見をお持ちの方が多いと思います。しかし当院に入院した患者さんからは、「全く圧迫感がありません」「病院らしくなくて、まるで寮にいるように感じます」「南信病院にくるとホッとします。それに食事も美味しいです」等という声が聞かれています。患者さんが引け目を感じることなく療養生活を送ることができるのも、南信病院の特徴の一つかもしれません
<著書の紹介>
精神科医のこころざし 精神科医のこころざし

近藤廉治 著
出版社:中央公論事業出版
夢のある地域精神医療 夢のある地域精神医療 -誰でも入れる精神科病院のつくり方
近藤廉治 著
出版社:リベルタス・クレオ
※当院でも販売しています。ご希望の方は受付にお申し出ください。

精神保健指定医顧問 中村 勇二郎
顧問 中村勇二郎 近藤先生の精神科開放医療の理念は発想と実行力において素晴らしく、 今まで多くの患者さんの治療に実績を残しています。私はふとしたことから南信病院を訪れ、病院を見学したとき、田園の中に静かに件む今まで見たことのないような病院を見ました。 ここは患者さんの心を癒す安らぎの場所です。 私は、近藤先生に微力ながらも助力をして、開放医療の理念を受け継ぐ強い気持ちでいます。 日々実践し、 患者さんに少しでもお役に立ちたいと思っています
看護師長 池上 千鶴
南信病院は「その人らしい生活を温かく支援すること」を大切にしています。
患者さんとご家族に寄り添い、社会生活での生きづらさなど深く理解し、身近な存在として役割を果たしていきたいと思います。入院生活で心と体の元気を取り戻し、社会復帰へ結びつけるよう、スタッフと患者さん一人一人と手をとり合い支援をしていきます。
病院見学について
当院ではどなたでも病院のなかを見学していただけます。
「精神科」という特別な雰囲気はなく、開放感のある明るい病院です
開放的な中庭 病棟2階

お気軽にお問い合わせください